こころ粋

これまでも、これからも、
お客様へのお世話を、一時でなく、いつまでも安定して"つづける"ことを目指し
時代の求める技術と情報を、いち早く活かしながら
皆さまの、こころに灯を点ずる(点灯)ことの出来ることを
飽きずに、商い(あきない)する中で、喜びとしたい


商売の内容


テントの関係
 ・大型施設テント、店舗・住宅用デザインテント、看板用テント
  集会用パイプテントオーニング・日除用テント等の製造・販売・施工
 ・倉庫テント、開閉式テント、風防テント等の製造・販売・施工
 ・建設用・野積用の各種シート類の製造・販売
 ・各種カバー類、特注品の布バック他の製造・販売
 ・各種イベント用テント類のレンタル・設営

アウトドア用品
  ・テント&タープ、バーベキュー、レジャー
  ・ライフライン用品


合羽の関係
 ・レジャー用の合羽の製造・卸・販売
 ・産業用の合羽の製造・卸・販売
 ・その他



会社概要

店 名:株式会社 石野テント   

住 所:石川県金沢市尾張町二丁目6番35号 〒920-0902

    TEL    076-221-3221(代)  fax 221-3223

    E-mail    akinai@ishinotent.co.jp

    URL    http://www.ishinotent.co.jp

    URL2    http://www.ameagari.jp

    SHOP    http://www.ishinotent.com

    other    http://www.toshiie.jp

代表者:石野 貴義


沿 革

加賀藩政時代、加賀藩に出入りする御用商「石動屋」として道中合羽を営む。     

明治四十二年、近代的な油紙による合羽を取り扱うことで創業の年とする。

昭和二十二年、商号を「石野テント商会」と改める。    

昭和三十二年、先代要吉より秀雄が店主に就任する。

昭和四十八年、時代に対応して新町工場ビルを建設する。     

昭和四十九年、石川県知事許可建具工事業を、同五十五年には鋼構造物工事業を取得(般-2888)する。

昭和五十七年、一級建築士事務所登録を行なう。

昭和六十二年四月、コンピュータ化でシステムベーシックを導入。

平成五年九月、金沢市補助による『一品ミニ美術館』を開館する。

平成八年二月、コンピュータOSのMacintosh・DOSV(後Windows)両プラットホーム導入とDTP化推進。

平成九年八月、石野テント商会のホームページを独自ドメインで発信する。

平成十五年五月、「株式会社石野テント」の法人組織とし、王秀一が社長に就任する。

平成十五年六月、法人化に伴い、石川県知事許可建具工事業・鋼構造物工事業を再取得(般-15545)する。

平成十九年七月、 (株) 石野テントのWebShopホームページを開設。

平成二十年五月、石川県テントシート工業組合理事長となる。

平成二十一年四月、創業百年を迎える。

平成二十二年四月、電子入札に対応する。


業務内容


資 格

一般建築業者石川県知事許可(般−25) 第15545号

建具工事業・鋼構造物工事業

日本テントシート工業組合連合会正会員

(財)日本防炎協会製品認定 E−(17)2985

二級技能士(帆布製品製造)


主取引先

石川県庁、金沢市役所、NHK金沢放送局等各官公庁
日本たばこ産業、NTT、西日本旅客鉄道、JA、近江町市場、中央卸売市場、各漁業協同組合、竹中工務店、大成建設、大林組、鹿島建設、清水建設、表組、鈴木建設、兼六建設、北陸キャタピラ−三菱建機販売、石川トヨタ、ビスタ、ネッツ石川、倉庫精練、小松精練、YKK、PFU 、北國銀行、北陸銀行、日成ビルド工業、北陸中日新聞、白山ひめ神社、金剣宮、尾山神社、石川護国神社、大野湊神社、安江八幡宮等各種神社 、北陸三県下有名小売店 他


主な取扱メーカー

テイジン(主力テント生地)、東レ(テント生地)、クラレ(テント生地)、東洋紡績(帆布)
大川工業(OK式フレーム)テンパル(テンパル)、YKKAP(サンブレロ)
ロゴス(アウトドア用品) アキレス(ビニール・合羽)
ユニチカ(合羽)、旭化成(合羽)、水産(合羽) 他


取引銀行

北國銀行(武蔵ケ辻支店)、北陸銀行(金沢支店)、金沢信用金庫(武蔵が辻支店)、みずほ銀行(金沢支店)、ゆうちょ銀行(金沢近江町郵便局)他